深田甫先生、2020年3月26日にご逝去。ホフマン全集の翻訳で知られる恩師との永遠の逢瀬を慈しみます。合掌

  • 2020.04.02 Thursday
  • 11:18

JUGEMテーマ:別れ

 

今日の訃報:永遠の逢瀬。魂を育ててくれた師が、心不全で亡くなりました。3月26日夜、お子さま、お孫さまに看取られ、静かに旅立たれたそうです。幻想文学の奇才ホフマンを22年かけて翻訳し、全集を残した哲人であり、フジTVの「夕(ゆう)にゃん先生」として知られた時もありました。

 

18歳の春、同級生から「ドイツ文学研究会」に入らないかと誘われて、顧問だった師と出逢いました。研究会が解散した後も、鎌倉のご自宅をしばしば訪ね、温和な口元からほとばしる激しい言葉のしぶきを浴びました。分かることもありましたが、分からないことのほうが多く、それでも、熱いしぶきは滝のように私を打ち、魂を目覚めさせました。

 

20年と少し無沙汰をし、数年前のバレンタインデーの季節に再会したら、師は仙人のように枯れつつも、情熱の埋火をますますたぎらせていました。「奥さま」に先立たれた老師と恋に落ちるのも悪くないという妄想がよぎり、智恵の泉からほとばしるしぶきを口述でしたためたいと思いました。それなりに、構想も温めはじめました。にもかかわらず、師の肉体のはかなさと私自身の肉体のほころびに思いいたれず、構想は夢の途中になりました。

 

師が亡くなった翌々日、恵那の田舎家に泊まっていた私は、三和土の硝子戸をかすめる影を見ました。家守の霊と思いましたが、私に別れを告げにきた師の魂だったかもしれない、そうであって欲しいと願っています。師の訃報をまだ、受けとめきれていない私がいます。肉体が仮の宿だとすれば、そして、魂の世界に時空間がないとすれば、師の逝去によって、私は師にいつでも逢えるようになりました。今生でも彼岸でも来世でも、師と永遠の逢瀬を慈しめることを熱望します。

 

合掌。

 

☆師が翻訳したホフマン全集が、電子図書化されています!

何が幸せって、変わりない毎日

  • 2020.03.04 Wednesday
  • 09:23

JUGEMテーマ:介護

 

変わりない毎日こそ、何よりの幸せ!

…と、実感する朝です。

 

FBの過去投稿が、7年前のお雛祭りの日に

大腿骨骨折で入院していた母が退院

帰宅したことを教えてくれました。

 

日記替わりに、FBに投稿しておけば、

日々がちゃんと記録されて、こんな風に思い出せます!

 

この7年間、2018年8月にも同じ箇所を骨折した母。。

 

3か月入院したものの、無事に帰宅できたし、

昨年12月には駐車場の車止めにつまずいて額を打ち、

お岩さんみたいになって肝を冷やしましたが、

その後はより慎重に動くようになり、無事な毎日です。

 

歩みも動作も少しずつゆっくりになっているとはいえ、

今のところ、変わりない日常を続けていられる幸せ。

 

母はあと五日で、91歳になります。

 

#介護日記 #大腿骨骨折

人間だもの(笑) 我が身の浅ましさと愛しさと…

  • 2020.02.21 Friday
  • 11:59

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

 

今日の哲学?:浅ましさと愛しさと。

 

午後からの検査のため、朝から絶食で、ひもじい。。

街を歩けば、ランチの看板ばかりが目につき、

思案すべきことはたくさんあるのに、

夕食に何を食べようか。。としか考えられない。

 

たかだか半日、食事を抜いたくらいで、この体たらく。

昨夜も一昨日も先週も美味しい食事を堪能したはずなのに、

なんと浅ましいことか。恥ずかしく情けなく、恨めしい。

 

でも、そんな自分がそこはかとなく愛おしい。

 

生きているんだな〜!

生きているからお腹がすいて、ゴハンだけになっちゃうんだよな〜!

それも人間らしくて、いいじゃないかぁ。。とか、空腹を紛らわすために、

哲学もどきの繰り言をつぶやいている赤坂のお昼どきです。

 

#ワークスタイル #幸せになる技術 #悠木そのま

夢。。まだ叶えられないからバネになる

  • 2019.11.28 Thursday
  • 13:55

JUGEMテーマ:コラム

 

今日の焦り:もう3年。。

 

3年前の今日、2020年までに次著を上梓して

…から卒業する、と誓った夢はまだ叶えられていません。

 

それは、2002年から引き受けているセミナーからの卒業。

 

「国家資格キャリアコンサルタント養成講座」、今週末には

名古屋14回ABクラスが修了し、今年もあと1ヶ月というのに…

 

早い。。

 

日々のスピードについていけてない私がいます。

もっとゆっくり歩いて行こうと決めたのに…

 

あと1ヶ月のラストスパート、

スパートしないで歩み直します。

 

まだ叶えられない夢をバネにして!

 

十四番目の月〜想い出の恋が透けて見える宵でした

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 22:18

JUGEMテーマ:コラム

 

今日の感傷:十四番目の月。

 

はてしない夜の向こうに、想い出が透けて見えました。

 

つるべ落としのグランド、ボールを追いかけて走る影に

バイバイとつぶやいた幼い恋。

 

何千年、何万年と景色が変わっても、変わりなく繰り返される

恋人たちのささやきが聞こえてくるようでした。

 

肩のあたりが寒い…。

そろそろ毛糸のカーディガンを羽織ろうかな。

 

果報を待つあいだに〜使命とは、今日の時間を使いきること 

  • 2018.10.11 Thursday
  • 09:05

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

JUGEMテーマ:コラム

 

今日の幸せ:待つ。

 

これまでの日常をいつになく丁寧にいとなみながら、

ただいま、果報を待っています。

 

明日からはじまるであろう新しい日常に怖れと畏れを抱きながら、

今日と明日の境目を思えば、

それは人が定めたただの区切りであることを感得します。

 

宇宙はとめどなく、曙と夕暮れを繰り返すばかり。

 

今日という時間を今日のうちにきちんと使い切ることを

使命というのかな。

 

今日は今日の命を使い切きろうと思います。

 

満月〜命と祈りをてんびんにかけた夏を越えて

  • 2018.08.27 Monday
  • 22:12

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

JUGEMテーマ:コラム

 

今日の幸せ:満月。

 

速足になる夕暮れにぽっかりと、大きな大きなお月さま。

夏の終わりを労わるように愛でるように、もう少しここに佇んでいよう。

 

命と祈りをてんびんにかけた夏、立ち止まることに意味を見つけた夏、

ひとりではないと知った夏…。

 

試練を越えた夏の向こうから、実りの秋がやってくる。

 

火星も水星もまっすぐに歩みはじめ、この月あかりに湯浴みして、

蠍たちは木星の恩恵を手に入れる。

 

今を生きれば、怖れるものは何もない。

宙に還った人と対話する宵、明日もきっと晴れますように。

 

前へ。

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 20:35

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

JUGEMテーマ:コラム

 

今日の幸せ:前へ。

 

平成最後の終戦祈念日の黙とうに、

京湾の汽笛が重なりました。

 

お盆が終われば、秋の気配。

球児たちの夏も終わります。

 

思いがけない夏休み、

食べることと寝ることと癒すことと、

ただそれだけの夏休み。

 

り抜けてきた半生をふりかえり、

これからの道に想いを馳せました。

 

もっとゆっくり歩いていこう、

もっとしみじみと歩いていこう、

もっと確かに歩いていこう。

 

勝っても負けても得るものがある。

大切なものはいつも、ここにある

 

前へ。いまここを重ねれば、

少しずつ前へと歩んでいける。

 

明日は、日常へ戻るための旅の支度をはじめます。

 

写真提供:古山 誠さん)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    Pr.sonoma (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/29)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/24)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/17)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/16)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/16)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

LOVE SONG
LOVE SONG (JUGEMレビュー »)
後藤叶圭,後藤叶圭/柳沢和夫,柳沢和夫
山下達郎のバックボーカリストとして知られる友人、後藤叶圭さんの二作目のアルバムです。8曲目『さよなら仕度』はPr.そのまの作詞です。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM