今日で21年。萬みち子さん、92歳の公憤に、敬意の感涙が止まらない1.17です。

  • 2016.01.17 Sunday
  • 18:03

JUGEMテーマ:大震災後の復興支援

阪神・淡路大震災で亡くなられた皆さまのご冥福と
ご遺族、被災された皆さまのご健勝をお祈りいたします。

そして、本日の中日新聞の記事にありがとう!
92歳の公憤に、敬意の感涙が止まりません!
 
 萬みち子さんはあの日、
 高速道路倒壊によって
 「息子」さんを亡くされました。
 
 「息子」の英治さんは、
 みち子さんが23歳の時
 ひきとった従妹。

 広島の原爆で亡くなった叔父さんの
 三男です。

 英治さんが20歳のとき
​ おふたりは養子縁組をしました。

 
みち子さんも英治さんも独り身のまま、
二人三脚。

あの倒壊がなければ、お母さん思いの英治さんとともに、
みち子さんは、穏やかに暮らし続けていたことでしょう。

みち子さんは'97年に日本道路公団を告訴、6年間を闘いますが
2003年の判決で、原告の請求は棄却されてしまいます。

控訴をしたものの、1年度に、健康の不安から和解を決意。
みち子さんは、80歳でした。

和解の条件は、高速道路の補強強化。
和解金は求めませんでした。

英治さんに「志途中で引っ込めるのは、男として恥ずかしいこと」と
教えてきたみち子さんは、毎日、仏壇にごめんなさいと誤っているとか。

和解の条件は公憤の証しであり
亡き息子さんへの慚愧の念といえるでしょう。

現在は、有料老人ホームで暮らすみち子さん曰く
「足腰が丈夫で、10歳若かったら、
(東日本の)被災地へ行って愚痴を聞く相手になるのに…。
復興まで道のりは長いけれど『あきらめないで』と伝えたい」。

みち子さん、あなたの声をわたくしが伝えます! きっと!

3.11 鳴り物追悼@絆だんじり会館。できることは、命を刻む時間をほんの少し、被災地に捧げることだけだから…

  • 2014.03.11 Tuesday
  • 14:46

JUGEMテーマ:大震災後の復興支援

昨年のあの日あの時、京都駅のホテルのロビーにいました

時計を気にして、14:46に目を閉じました。
黙祷の
案内はなく、ロビーを行交う人々は足を止めたり、
談笑を
はばかることもなく、
頭を垂れたわたくしは雑踏のノイズ
に包まれていました。

今年は、そんなふうに寂しい1分間
を過ごしたくありませんでした。
心ある同志とその時を迎
えたいと思いました。

雪まじりの伊勢湾を越えて、
だんじ
りを曳いて被災地を励ましている同志たちのもとへ
駆けて
いきました。

夜を明かして、被災地の魂を悼みました。
ヂオ中継で被災地への想いを語り合いました。
そして、1
4:46、FMの電波に黙祷という音を流しました。

津波
が早春を飲み込んだ時刻には、
だんじりの鳴り物を奏でて
、追悼の意を表しました。


わたくしたちの営みをただのセンチメンタルだと、
ただの自己満足だと笑う人もいるかも
しれない。それでもよい。

わたくしの命を刻み続けている
時間をほんの少し、
被災地に捧げることしか、わたくしに
はできませんから…。
何度でも合掌。

3.11 わたくしたちはずっと、被災地と一緒にいます!

  • 2013.03.11 Monday
  • 07:18

JUGEMテーマ:大震災後の復興支援


3.11 14:46
あの時、あれから2年…。

三回忌を迎えた被災地に祈りを捧げ
岩手県山田町の友人からのお願いを
皆さまにお知らせいたします。

-------------------------------------------------------

本気で、本気で御願いします!

今日は3月11日。

東日本大震災。

あの日から二年‥‥

今、改めて本気で御願いします!

仕事の人も、レジャーの人も、どんな事をしてても構わないけど‥‥

二年前の今日は未曽有の災害が有った日です。

多くの犠牲者が旅立った日。

悲劇がリアルに日本に襲いかかった日。

日本の至る所で地獄絵図が現実に描かれた日。

2時46分に黙祷しろとも言わない。
合掌しろとも言わない。
胸に十字を刻めとも言わない。

笑うなとも、遊ぶなとも言わない。

ただ、1日の中で‥‥ほんの少しでも構わない!

想って下さい。
ただ、想って下さい!

本気で御願い致します。
 

お薬na写真 〜心友 Renoさん ホームページ開設〜

  • 2012.02.29 Wednesday
  • 12:22
JUGEMテーマ:メンタルヘルス

4年に一度の2月29日。
1日おまけの月末、明日から3月ですね。

3月が来ると、もう春なんだなと毎年…
そして、今年の3月はいつもとは少し違う…

あの怖ろしい災害から、まもなく1年が立ちます
亡くなられた方々の魂を悼み、被災された方のご健康を祈ります。

さて、被災地協働アクトチーム「一緒にがんばろ〜ず!」が
応援しているブルーローズキャンペーンのテーマソング
Far away 〜シャツからはじまるストーリー〜の作曲家

石川(Reno)まさのぶさんがホームページを開設しました。

Reno_style 「お薬na写真」です。

トップページには、こんな案内が・・・

 心の片隅に追いやられた
 本当のあなたを
 自由にしてあげてください

 どうぞ ごゆっくり

写真ページを開くと、Renoさん曰く
「どうぞ呼吸をゆっくり深くしながらご覧ください。」

お花のシリーズもほんのりしますが
海のシリーズが好きです。

猫ちゃんシリーズを気にいる人も多いかも…

仕事に勉強に疲れたら、そっと開いてみてください。
心にやさしく効いてくる、薬草みたいなお写真たちです。

ブルーローズキャンペーンのバナーも
めちゃめちゃ大きいです。

こころ音プロジェクトで歌づくり ~被災地復興を祈って~

  • 2011.12.29 Thursday
  • 12:52

JUGEMテーマ:大震災後の復興支援


花言葉は夢かなう” ! 被災地遺児を支えるために
復興支援チャリティ「ブルスキャンペーン」に参加しませんか!
詳しくはこちら ⇒ 花言葉は”夢かなう” ブルーローズキャンペーン

----------------------------------

今年もあと3日になりました

辛いことのたくさんあった2011年
2012年は善き年になるよう、心から願う年の瀬

25年ぶりに歌を創っています

JASRAC(日本著作権協会)のこころ音プロジェクトに
参加するためです

こころ音プロジェクトは、JASRAC会員が
著作物使用料を一定期間、「こころ音基金」に供出し
震災復興支援に役立てる取り組みです

学生時代から26歳まで、詞を書いていました
いまでも、ほんの少し、当時の作品の印税が入ります

筆をたたんで25年…

新幹線で移動中に、言葉がまいおりるようにやってきて
ワンコーラスがあっけなく、書けました

25年前に組んでいた相棒の作曲家を探し出したら
数年ぶりに電話がつながった時、彼はなんと福島にいました

このまま埋もれるくらいなら、被災地の役に立ちたいと
仕事を辞めて、住まいをたたんで、車で寝泊まりして
福島原発の近くで、瓦礫撤去の仕事が出るのを待っていたのです

彼に、こころ音プロジェクトへの参加を打診すると
すぐに楽器を預けてある千葉へ戻り、東京の知人宅に居候して
楽曲づくりに入ってくれました

今年のクリスマス、曲が仕上がり、一昨日、メロオケが届き
本日は相棒が寄宿している先で、歌入れが行われています

どんな歌になるのだろう

流行歌は、詞と曲と歌い手の3拍子がそろって
はじめてヒットすると言われます

ヒットすれば、著作権料がたくさん入り
復興支援のための基金に、より貢献できるわけだから
よい作品を創りたい

ヒットしなくても、基金に貢献できなくても
被災地へ「ずっと、一緒にいます」という想いを伝えるために
よい作品を創りたい

メロオケが届いてから、歌入れまでの2日間

メロディやリズムによりフィットする言葉
ビートにのれる言葉、心をつなぐ言葉を選び続けました

まだまだ・・・という未練を残しながらも
それでも精一杯の言葉の花束を、今朝
相棒にバトンタッチすることができました

本日の歌入れで、きっと、歌には魂がこもる…

上手くいけば、みんなで希望をシャウトするような
そんな歌になるはず…

こころ歌の誕生を願い、音源の仕上がりを待っています

2012年が善き年になるよう
この歌を捧げたいと思います

被災地復興のみならず、世界の平和
世界中の人々のこころの安寧を祈っています
 

2011年の日本へのX'masギフト  〜南三陸町中継映像「高台へ」 一万人の第九より〜

  • 2011.12.24 Saturday
  • 20:47

JUGEMテーマ:大震災後の復興支援

 
花言葉は夢かなう” ! 被災地遺児を支えるために
復興支援チャリティ「ブルスキャンペーン」に参加しませんか!

※ご参加はこちら ⇒ 一般社団法人日本メンズファッション協会 特設サイト
----------------------------------


Very Merry X'mas!

2011年のクリスマスイブを如何、お過ごしですか

クリスマスは、互いの幸せを願い、祈り合う日です

今年は、東日本大震災で被災された方々が
天国で、地上で少しでも幸せを快復されますよう
心から願い、お祈りしたいと思っています

そして、2011年のクリスマスプレゼントとして
南三陸町の詩人 和合亮一さんの詩 「高台へ」を
皆さまにお贈りいたします

使命とは、命を使うと書きます
命の使い方を教えられる詩です

和合亮一「高台へ」南三陸中継 www.youtube.com

サントリー「1万人の第九」で流された映像です
(12/4 於:大阪城コンサートホール)

祈りをささげるような佐渡裕さんのタクトで
スーパーキッズ・オーケストラが奏でる「G線上のアリア」

心が洗われるようです

クリスチャンでない皆さんも、クリスマスのお祈りの代わりに
ぜひ、ご覧ください
 

花言葉は”夢叶う”! 3.11復興支援 ブルーローズキャンペーンが開始 by ベストドレッサー賞

  • 2011.11.30 Wednesday
  • 20:00
JUGEMテーマ:世界平和

花言葉は”夢叶う”!

本日11/30 18:00〜 一般社団法人日本メンズファッション協会が
2011年ベストドレッサー賞授賞式を開催し、授賞者は下記のとおりでした。

政治・経済部門      黒岩 祐治さん
学術・文化人部門     石田 衣良さん
スポーツ・芸能部門    吉瀬 美智子さん、東山 紀之さん、古閑 美保さん
インターナショナル部門 KARA、超新生
特別賞           テリー伊藤さん

なお、授賞式の後、ベストドレッサー賞実行委員長から
3.11復興支援事業「ブルーローズ キャンペーン」が公表されました。

同キャンペーンは東日本大震災の復興支援を目的として
一般社団法人 日本メンズファッション協会が運営する慈善事業です。

ブルーローズとは、リボンで作られた青いバラのピンバッチのこと。

今年の夏、3.11被災地の陸前高田高校と山田中学校へ
物資として寄付された制服用のシャツとともに、贈られました。

かつて、青いバラは栽培ができないと言われ、花言葉は「不可能」でした。
近年、栽培が実現してからの花言葉は「奇跡」「夢叶う」!

青いバラの衿章は「夢叶う」のメッセージとともに届けられました。

山田中学の新聞部員さんはこのバラを「希望に輝く花」として紹介しています。
以下は新聞記事からの抜粋です。

「山中に贈られたこの青いバラは全て手作りで、
 ひとりひとりの思いがつまったブルーローズだったと思う。

 この花の花言葉「夢はかなう」のように、
 私たちはいつ、どんな時でも希望をもって
 町を照らす灯りになればいいなと思った。」

                   (山田中学校学校新聞より)

キャンペーンでは、青いバラのピンバッチ(定価2500円)の収益金を
あしなが育英会をとおして被災地孤児へ寄付します。

なお、11/30 ブルーローズ キャンペーンの公表とともに
3.11復興協働アクトチーム「一緒にかんばろ〜ず!」が発足、活動を開始。

「一緒にがんばろ〜ず!」では、悠木そのまがオーガナイザーとなり
元リッツ・カールトン日本支社長 高野登さん(人とホスピタリティ研究所 代表)
梅本和比己さん(一般社団法人メンタルヘルス協会 代表理事)など
草の根活動家の皆さまとともに、キャンペーンの展開を応援いたします。

東日本の復興、日本の再生を祈って
人々の胸に青いバラが花咲く日が訪れますように…。

すべては夢からはじまる!
夢叶えるために、私たちの胸にもぜひ、青いバラを咲かせませんか!

※ご協力はこちらから ⇒ http://mfu.or.jp/

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    Pr.sonoma (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/29)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/24)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/17)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/16)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/16)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

LOVE SONG
LOVE SONG (JUGEMレビュー »)
後藤叶圭,後藤叶圭/柳沢和夫,柳沢和夫
山下達郎のバックボーカリストとして知られる友人、後藤叶圭さんの二作目のアルバムです。8曲目『さよなら仕度』はPr.そのまの作詞です。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM