コロンビア号の冥福を祈る2.1

  • 2010.02.01 Monday
  • 22:40
JUGEMテーマ:キャリアデザイン

今日は2月1日

2003年の今日、スペースシャトル コロンビア号ともに
宇宙科学の発展という使命に命を捧げた7人の宇宙飛行士たち

今年もご冥福を祈ります

コロンビア号と7人の宇宙飛行士に捧げるバックナンバー
「いかに生き いかに働くか」はこちらから

キャリアデザインの現場から vol.6 星になり、地を照らし

  • 2009.07.17 Friday
  • 07:34
JUGEMテーマ:キャリアデザイン


いかに生き、いかに働くか

人材開発プロデューサー 犬塚 尚美

[NOSAIぐんま 2004 SPRING vol.77(4・5月号) 掲載]


 2003年2月1日を覚えていらっしゃいますか? 米国のスペースシャトル「コロンビア」がテキサス州上空で空中分解した日です。着陸まで16分ほど前の悲劇でした。宇宙での貴重な研究成果とともに、優秀な宇宙飛行士7人が亡くなりました。


私はこの日、米国の放送局CNNの特別報道番組を見ていました。CNNでは事故の状況、原因の推定とともに、亡くなった飛行士の家族や知人を取材しました。


飛行士の父、兄、妹、友人・・・。それぞれの関係者は、7人がいかに身を賭し、宇宙開発をめざしていたかを語りました。胸が熱くなりました。一生懸命とは、「一生、命を懸ける」と読めます。一生の命を懸けて、宇宙開発という使命をまっとうしようとした飛行士達の情熱が、関係者の談話から伝わってきました。


かつて打ち上げ直後に爆発した「チャレンジャー」船長の元夫人ジューン・スコビーさんもカメラの前に登場し、「飛行士たちは危険を知りながらリスクを冒し、国のために奉仕して、神様のもとへ召されました。夢を実現しようとした飛行士たちは国民の模範です」と称えました。7人の飛行士たちは美しい星になり、地を照らし、夢を実現しようとする者たちを見守っていてくれそうです。


人はそれぞれ、天から与えられた仕事を持っているように思います。そのことに気づく人もいれば、気づかない人もいます。気づいても気づかなくても、天から与えられた仕事をまっとうすることを「使命」を果たすというのではないでしょうか。そして、使命を果たして生きるとき、私たちはどんなに苦しくても辛くても、仕事や人生にやりがい、生きがいを感じられるのではないでしょうか。


宇宙飛行士のような偉業でなくても、ささやかな仕事であっても、すべての仕事はきっと誰かしらの役に立ち、社会のひと隅を照らしているはずです。私も私なりにささやかな使命を果たしていきます。


*宇宙ステーション”きぼう”で仕事をされている若田光一さんの
 ご帰還を心からお待ちしています(2009.7.17)

*若田さん、お帰りなさい(2009.8.2)

*ディスカバリーの山崎直子さん お帰りなさい (2010.4.20)

小惑星探索機 はやぶさ君、お帰り! ありがとう! (2010.6.13)

------------------------------------------------------------------------------

【 ARENA ADVANCEからのご案内 】
BCB・1日入門セミナー

コミュニケーションスキルを磨こう!

「夢づくり、人づくり」を応援するアリーナアドヴァンスでは
この夏、人間関係をよくするBCBプログラムの入門セミナーを
開催いたします。 
チーム医療さんとの初共催で、熱くなりそう!

講 師:梅本和比己(螢繊璽牋緡 代表取締役)  
日 時:8月8日(土) 10:00〜17:00
会 場:安保ホール 701号室
参加費:18,900円(税込)
*ホームページからお申し込みの場合 16,800円

ちらしのダウンロードはこちらから・・・8/8 BCB・1日入門セミナー
お申込み・お問い合わせはこちらから・・・メールフォーム

------------------------------------------------------------------------------


キャリアデザインの現場から vol.5 大切なもの、自分らしいもの

  • 2009.06.27 Saturday
  • 21:40
JUGEMテーマ:キャリアデザイン

大切なもの、自分らしいもの

人材開発プロデューサー 犬塚 尚美

[NOSAIぐんま EARLY SPRING 2004 vol.76(2・3月号) 掲載] 

 仕事に就く時、続ける時、辞める時、キャリアデザインとは人生の折々に「好きなこと(興味)」「得意なこと(能力)」「大切なこと(価値観)」をふり返り、これらの3つまたはいずれかを満たすような働き方をめざして、キャリアを計画し、実行していくことです。


若い頃は能力や価値観がはっきりしないので、やりたいこと(興味)を中心に仕事を選ぶことが多いでしょう。やがて、自分の得意分野を発見し、能力を発揮し成果をあげて、得意なこと(能力)を中心に仕事に打ち込むようになります。ところが、中年期にさしかかるとふと「?」の気もちが生じ始めます。


四十歳前後になると住宅費、教育費の負担が増え、心身ともに疲れが出やすくなります。老後の準備も視野に入り、人生の充実度、しあわせ感を感じられないと倦怠感も生じます。これがミドルクライシス(中年危機)です。こんな時こそ、自身の大切なこと(価値観)を考えてみるよい機会です。


私たちがストレスを感じる時は、自身の価値観に合わない生き方をしている可能性があります。大切なものは誰にでも複数あり、それらには優先順位もあります。


たとえば、自分よりも家族を優先する人、家族よりも自分自身を優先する人…。どちらがよい悪いではなく、大切なのはそれぞれがそれぞれの優先順位に基づいた生き方、働き方をしているかどうかです。自分よりも家族が大切な人は、家族のために身を粉にして働くことを苦と思わないでしょう。仮に苦と思っても、甘んじて受け止められるでしょう。けれども、家族よりも自身を大切にしたい人が家族を養うために滅私奉公で働いたら、苦になります。ストレスが増すばかりです。


中年危機を自覚したら、本当は何を大切にして生きたいのか、真剣に考える時間を持ってみましょう。価値観を明確にすることによって、ストレスを減らし、ますます自分らしく生きていけるかもしれません。


------------------------------------------------------------------------------

【 AAプロ講師養成スクールからのご案内 】
プロ講師養成スクール ベーシックコース
 
講師のためのキャリアデザイン!

AAプロ講師養成スクールは、プロ講師のキャリアアップ、
プロ講師へのキャリアチェンジを応援しています!


講 師:犬塚尚美(AAプロ講師養成スクール代表)  
日 時:7月18(土)〜19(日) 各日 10:00〜18:30
会 場:ダイテックテックサカエ会議室 5階 5B
参加費:一般 98,700円(税込)  企業派遣 126,000円(税込)
     弊社メールニュース読者 89,250円(税込)

詳しくはこちらから・・・AAプロ講師養成スクール
ちらしのダウンロードはこちらから・・・7/18〜19 ベーシックコース

キャリアデザインの現場から vol.4 勉強しよう、 再開発しよう

  • 2009.06.18 Thursday
  • 08:45
JUGEMテーマ:キャリアデザイン

勉強しよう、再開発しよう

人材開発プロデューサー 犬塚 尚美

[NOSAIぐんま WINTER 2003-2004 vol.75(12・1月号) 掲載] 


 子どもの頃、『グリコ』が大好きでした。真っ赤な箱、万歳をしたランナー、「一粒で三百メートル」がキャッチフレーズの栄養はさておき、お目当てはオマケでした。セルロイドの箱いっぱいに貯めたことを覚えています。あのなつかしいキャラメルはひと回り大きな箱になって、今も店頭に並んでいます。


さて、商品にも寿命があり、5段階で循環するとされます。商品のライフサイクルです。


    導入期

    成長期

    成熟期

    飽和期

    衰退期


グリコは爆発的に成長し成熟し、市場に広く飽和していきました。そして今や、子どもたちの人気商品とはいえないでしょう。つまりライフサイクルでは衰退期の商品か・・・と思っていたところ、昨年からタイムスリップグリコの売れ行きがよいとのこと。日経トレンディなどで紹介されています。


タイムスリップグリコとは第1弾の鉄人28号からウルトラマン、足ふみミシン、新幹線、第4弾のアポロ11号まで「なつかしの20世紀」のオマケ付きの新しいグリコです。海洋堂という玩具メーカーの精巧なミニチュアが大人たちに受けているようです。江崎グリコ社の看板商品ともいえるグリコを衰退商品として葬るのではなく、ロングセラー商品として蘇らせようとする商品開発の努力を心から素晴らしいと思いました。


私たちも労働市場の商品です。学校を卒業し労働市場に導入されて、仕事力を伸ばし成長し、足場を固めて成熟し・・・。けれども、ドックイヤーといわれる昨今、いつまでも成長商品、成熟商品のつもりで勉強を怠っていると、いつの間にか衰退商品へと転落してしまいます。タイムスリップグリコをお手本に、在庫処分されないよう、「私」という商品を再開発する努力を続けていきたいものです。

キャリアデザインの現場から vol.3 仕事にするか、趣味にするか

  • 2009.06.04 Thursday
  • 22:39
JUGEMテーマ:キャリアデザイン


仕事にするか、趣味にするか

人材開発プロデューサー 犬塚 尚美

[NOSAIぐんま 2003 AUTUMN vol.74(10・11月号) 掲載] 

好きなことに親しむのは楽しいものです。私は二十歳の年に二十二歳の田崎真也さん(第八回世界最優秀ソムリエ)と出会い、以来、ワインは大切な友だちです。愛好家としてワインパーティやワインスクールを開いたりします。記憶力には自信がありませんが、ワインの銘柄、味わいはよく覚えられます。


創造性開発の専門家によれば、人は好きなことには記憶力をはじめ様々な能力を発揮できるそうです。「好きこそものの上手なれ」ですから、好きなことを仕事にすると楽しいうえに、成功できるかもしれません。

 

 好きなこと=興味と仕事を結びつきは、米国のホランドという学者が発見したパーソナリティの六タイプが参考になります。多くの人は六タイプのうち、三つのタイプを合わせ持つそうです。強い一つとまあまあ強い二つのようです。六つのタイプは次のとおり。皆さまはどの三タイプがあてはまり、どのような仕事が合いそうですか。

 

 峺充妥(R)」

 手、機械、道具を使って仕事するのが好き。地に足がついて現実的。

◆峺Φ翕(I)」

 数学や科学工学などが好き。好奇心旺盛、論理的で学究肌。

「芸術的(A)」

 芸術、音楽、言語を扱う創造的な活動が好き。発想が自由。

ぁ崋匆馘(S)」

 教育、保育など人を助ける、教える活動が好き。友好的で外交的。

ァ峇覿氾(E)」

 販売や管理の活動が好き。リーダーシップがあって、野心的、精力的。

Α峇圭的(C)」

 データ、数字、記録などを扱う活動が好き。責任感があり緻密。

 

ところで、好きなことが得意なことはかぎりません。下手の横好きということばもあります。また、好きなことは仕事にするよりも趣味として楽しむほうが気楽です。私もワインのプロになるよりも、愛好家として自由に楽しんでいくつもりです。

キャリアデザインの現場から vol.2 仕事に就く時、続ける時

  • 2009.05.28 Thursday
  • 23:03

JUGEMテーマ:キャリアデザイン

仕事に就く時、続ける時

人材開発プロデューサー 犬塚 尚美

[NOSAIぐんま 2003 SUMMER vol.73(8・9月号) 掲載] 

 仕事が楽しいと、人生も楽しくなります。人生にはもちろん愛もあり歌もあり、仕事がすべてとは言えません。けれども、働く人の多くが1日8時間以上、週5日以上、約40年もの時間を仕事に投入しています。働く時間が楽しくなければ、人生の多くの時間を暗い顔で過すことになるでしょう。


仕事を楽しくするにはまず、好きなことを仕事にすることです。誰にでも好きなことに打ち込んで、時間を忘れた経験があるでしょう。好きな仕事であれば、困難や苦労ですら楽しめるはずです。けれども、仕事を選ぶ時に好きな仕事が分からなかったり、好きな仕事に就けなかったり、職場の都合に合わせざるを得なかったり・・・。すべての人が好きなことを仕事にできるわけではありません。


そこで、好きな仕事でもそうでなくても、得意分野を築くことで仕事を楽しくすることができます。得意なことはうまくできる、うまくできれば成果があがる。成果があがれば、仕事が楽しくなる。だから、与えられた仕事はどんな仕事でも、得意になるまでやり遂げてみると、仕事が楽しくなる可能性があります。


さらに、大切にしている価値観と仕事や職場との相性も大切です。お金に多大な価値観を持つ人は、給料のよい仕事に就かなければ仕事が楽しいと思えません。一方、安定的な環境や友好的な人間関係に価値観を持つ人は、給料がよくても競争的な仕事や職場で働くのは苦痛でしょう。


仕事に就く時、続ける時、辞める時、自分にとって「好きなこと(興味)」「得意なこと(能力)」「大切なこと(価値観)」の3つについて考えてみてはいかがでしょう。新しい仕事を選ぶにしても、現在の仕事を続けるにしても辞めるにしても、3つのうちの1つ以上を満たしているなら、もうひと踏ん張り頑張れそうです。


キャリアデザインの現場から vol.1 いかに生き、いかに働くか

  • 2009.05.13 Wednesday
  • 22:06
JUGEMテーマ:キャリアデザイン

いかに生き、いかに働くか

人材開発プロデューサー 犬塚 尚美

[NOSAIぐんま 2003 EARLY SUMMER vol.72(6・7月号) 掲載] 

 それぞれに大事や雑事に追われる毎日、時には立ち止まって、自分を見つめる時間を持ちたいものです。ふり返えれば、私たちの後ろには道があり、私たちの前にも道があります。生まれてから今日までの長くて曲がりくねった道のりには、ところどころに涙をおいてきたり、小さな花を咲かせたり・・・。今日から未来へと続く道のりには、どんな涙があり、どんな花が咲くのでしょう。


キャリアの語源は「わだち」です。ひとりひとりの人生のわだち、キャリアとは私たちのこれまでの軌跡であり、これからの軌跡といえます。広辞苑では、キャリアを〃侘髻↓∪賁臈技能を要する職業、国家公務員上級試験を合格し本庁に勤務する者と解説しているものの、最近ではもっと幅広く、仕事を中心とした人生=キャリアと考えるようになっています。


私は研修やキャリアカウンセリングをとおして、働く人々の「キャリアデザイン」をお手伝いしておりますが、キャリアデザインとは「職業を中心として、自分らしい人生を設計すること」であり、キャリアデザインの目的は「自分らしい職業人生ひいては自分らしい人生を創り上げること」だと考えています。


大切なのは、いかに自分らしく生きたいか、そのためにいかに働きたいかであり、社会的な成功や組織での昇進昇格を企てることだけがキャリアデザインのゴールではありません。いかに生き、いかに働くかを考えるキャリアデザイン。そのゴールにあるものは、自分が何者であるかという、とても重く深い問いではないかと感じる今日この頃です。


ともあれ、過去のわだちを糧に未来のわだちを刻むには、過去と未来の分水嶺である今現在にしっかりと足をふんばらなければなりません。ふんばるための応援歌を日々、自らに捧げながら歩いていきましょう。今月から6回、応援歌を自らに捧げる人たちへの応援歌を綴ってまいります。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    Pr.sonoma (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/29)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/24)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/17)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/16)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/16)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

LOVE SONG
LOVE SONG (JUGEMレビュー »)
後藤叶圭,後藤叶圭/柳沢和夫,柳沢和夫
山下達郎のバックボーカリストとして知られる友人、後藤叶圭さんの二作目のアルバムです。8曲目『さよなら仕度』はPr.そのまの作詞です。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM