3.11 鳴り物追悼@絆だんじり会館。できることは、命を刻む時間をほんの少し、被災地に捧げることだけだから…

  • 2014.03.11 Tuesday
  • 14:46
JUGEMテーマ:世界平和

昨年のあの日あの時、京都駅のホテルのロビーにいました

時計を気にして、14:46に目を閉じました。
黙祷の
案内はなく、ロビーを行交う人々は足を止めたり、
談笑を
はばかることもなく、
頭を垂れたわたくしは雑踏のノイズ
に包まれていました。

今年は、そんなふうに寂しい1分間
を過ごしたくありませんでした。
心ある同志とその時を迎
えたいと思いました。

雪まじりの伊勢湾を越えて、
だんじ
りを曳いて被災地を励ましている同志たちのもとへ
駆けて
いきました。

夜を明かして、被災地の魂を悼みました。
ヂオ中継で被災地への想いを語り合いました。
そして、1
4:46、FMの電波に黙祷という音を流しました。

津波
が早春を飲み込んだ時刻には、
だんじりの鳴り物を奏でて
、追悼の意を表しました。


わたくしたちの営みをただのセンチメンタルだと、
ただの自己満足だと笑う人もいるかも
しれない。それでもよい。

わたくしの命を刻み続けている
時間をほんの少し、
被災地に捧げることしか、わたくしに
はできませんから…。
何度でも合掌。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    Pr.sonoma (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/29)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/24)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/17)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/16)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/16)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

LOVE SONG
LOVE SONG (JUGEMレビュー »)
後藤叶圭,後藤叶圭/柳沢和夫,柳沢和夫
山下達郎のバックボーカリストとして知られる友人、後藤叶圭さんの二作目のアルバムです。8曲目『さよなら仕度』はPr.そのまの作詞です。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM