STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!

  • 2014.04.09 Wednesday
  • 18:10
JUGEMテーマ:コラム

2014年4月9日 13:00〜
小保方晴子さんの記者会見が行われました。

STAP細胞の存在を必死に訴える、小保方さんを見ていて
「センス・オブ・ワンダー」という言葉を思い出しました。

センス・オブ・ワンダーとは、SFの醍醐味を表す言葉であり
研究現場の科学にもあると、SF作家の橋元淳一郎さん。

小保方さんはきっと、STAP細胞にセンス・オブ・ワンダーを感じて
実験に打込み、(もしかしたら)200回も作れたのかもしれません。

橋元さんの著書によると…
時間はなぜ取り戻せないのか (PHPサイエンス・ワールド新書)

    科学は、客観的事実のみを扱うのであって
  主観は科学の対象ではないというのが科学的立場である

  ワンダーという単語には、「疑わしい」という意味がある

  あまりに確実な結果を導く科学技術には、
  センス・オブ・ワンダーの要素が欠けている

  むろん、人類の存続や発展に関わる重要問題に
  科学技術を適用する場合には、
  曖昧なものや疑わしいものがあっては困る

若いころ、スペースシャトルのタイルが落ちて
打ち上げが中止されたとき、文学者の恩師が言いました。

タイルが落ちるのは、文学では許されるが、科学では許されない。
つまり、科学とは「タイルが落ちないようにすること」だと。

小保方さんだけが、STAP細胞を作れるのであれば
STAP細胞が存在するとしても、それは、科学ではなくて技。

科学論文として、研究成果を公表するのであれば
正しいデータを示して、普遍性を立証しなければなりません。

再び、橋元さんの著書から…

  生命現象を物理的な(つまり客観的な)立場と
  主観的な立場と両方から考えていく

  そのとき必然的に生じてくる曖昧で疑わしい要素を、
  どう捉えていくのか。それは難しい課題であるし、
  そう簡単に解決できる課題でもないが、それゆえにこそ
  センス・オブ・ワンダーに満ちていると思うのである

小保方さん、熟練した実験者から科学者へ成長するために
襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
 
時間はなぜ取り戻せないのか (PHPサイエンス・ワールド新書)
コメント
Law is for justice,medicine is for life and science is for truth. The mission of business is progress and the method is innovation. by Pf.Chris trimble

<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152093919/sonoma-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">世界最高峰ビジネススクールの「人生を変える言葉」</a>


 仮説が論文に掲載される事は、アインシュタインのノーベル賞が「光量子仮説による光電効果」であった事から明らかです。
STAP現象は仮説と言って理研が論文を撤回する意味が分かりません。
 再現性に関しても、高温超伝導の論文の70%に再現性が無く、
常温超伝導の論文は100%再現性が無い現状から、
ノウハウの多いSTAPに至っては第3者の再現には相当の時間が掛かるでしょう。
 また、スイスの特許庁の役人をしていたアインシュタインの特許には、
どうしても実現できないものがあります。
 小保方さんがんばれ、
  • 無名
  • 2014/04/30 11:23 AM
STAP細胞の製法に関するノウハウの開示は十分に慎重を期して下さい。投稿者もトランジスタ特性の安定化法を発見した時は正にノウハウの塊でして極秘事項として無言の圧力を感じたものです。学会誌に発表するまでに10年は掛かりました。理研でも状況は同じでしょう。色々なトラップが有るかも知れませんので十分に注意して下さい。
  • 無名
  • 2014/04/29 9:44 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    Pr.sonoma (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/29)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/24)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/17)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/16)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/16)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

LOVE SONG
LOVE SONG (JUGEMレビュー »)
後藤叶圭,後藤叶圭/柳沢和夫,柳沢和夫
山下達郎のバックボーカリストとして知られる友人、後藤叶圭さんの二作目のアルバムです。8曲目『さよなら仕度』はPr.そのまの作詞です。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM