7/15 中日新聞「ひと・仕事」に、『ハーバード流 幸せになる技術』の著者として掲載いただきました!

  • 2015.09.15 Tuesday
  • 07:42
JUGEMテーマ:コラム

中日新聞、2015年9月15日朝刊
「ひと・仕事」欄に掲載いただきました。

著書の中核となるメッセージを汲みつつも
記者独自のクリアな視点が冴える
短い書評となっています。
 

DSC_6774


<原文>
 長年企業の人材開発などに取り組んできた犬塚尚美さんが、「悠木そのま」の筆名で『ハーバード流 幸せになる技術』(PHPビジネス新書)を出版した。『ハーバード流 〇×』という啓発書はちまたにあふれ、手あかのついた感もある。しかし、この本のテーマは業務成績を上げるテクニックではなく、幸せとは何かという根本的な問い掛けだ。

 慶応大を卒業してキャリアアップを重ねた自身の経験を振り返り、社会的地位や高収入が幸せに直結しないと痛感。そんな中、「目的がなければ、人生はうわべだけのものになる」「幸せは互いの奉仕の中にある」などハーバード・ビジネス・スクールのクリステンセン教授の言葉に出会い、執筆を決意した。

 「成功が幸せをもたらすのでなく、幸せが成功をもたらす」と出張。他者を利するのが幸せをつかむ鍵とし、アベノミクスが象徴する経済優先の世相に警鐘を鳴らす。
 「世の中に良い影響を与えたい」という目標を達成し、中国からも翻訳出版のオファーが寄せられている。今の自己実現度を尋ねると「努力賞くらいかな」と穏やかな笑顔を浮かべた。(岡村淳司)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    Pr.sonoma (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/29)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/24)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/17)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/16)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/16)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

LOVE SONG
LOVE SONG (JUGEMレビュー »)
後藤叶圭,後藤叶圭/柳沢和夫,柳沢和夫
山下達郎のバックボーカリストとして知られる友人、後藤叶圭さんの二作目のアルバムです。8曲目『さよなら仕度』はPr.そのまの作詞です。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM