命の科学は愛から生まれたのだ、と知りました@永遠の中に生きる

  • 2017.01.16 Monday
  • 16:16

JUGEMテーマ:幸福学

 

柳沢桂子 永遠のなかに生きる (集英社文庫) より

 

(P15)

私は死にかけた犬猫の子を手のひらで温めてやりましたが、鳴く元気も目を開く元気もなくなって、かくりと首をたれて冥界へ旅立ってしまいました。からだはだんだん冷たくなっていきました。からだが冷たくなると蚤がぞろぞろ這いだしてきました。蚤取り粉をかけて、蚤を外に捨ててから、亡骸を白い布に包んで庭の松の木の下に埋けてやりました。

 

拾ってきた犬猫の子供でしたが、私は一匹死ぬたびに泣きました。人に見られないように、タンスの陰などに隠れて涙を流しました。目が腫れないように、冷たいタオルで目を冷やしながら泣きました。

 

 

(P147)

私たちは生まれながらにして慈悲の心をもっていると私は思うのです。どの宗教でも仏や神は慈悲の心をもっていますが、それにならって、人間も慈悲深いことはよいことだといわれ、そのような行動を取ったとき、私たちはさわやかな快感を味わいます。

 

私たちは生まれながらにして、仏性、神性を善とする考えをもっていると思います。私たちの意識の進化の方向は、他人をたいせつにする方向に向いているのです。あるいは、自己本位であることが、私たちの本来の性格であると思うこともあるかもしれませんが、私たちは、自己中心性を超越して、他人のために尽くすことに喜びを感じるよう成熟しつつあるのだと私は思っています。

 

永遠のなかに生きる (集英社文庫)
柳澤 桂子
集英社
売り上げランキング: 247,642
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    Pr.sonoma (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/29)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/24)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/17)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/16)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/16)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

LOVE SONG
LOVE SONG (JUGEMレビュー »)
後藤叶圭,後藤叶圭/柳沢和夫,柳沢和夫
山下達郎のバックボーカリストとして知られる友人、後藤叶圭さんの二作目のアルバムです。8曲目『さよなら仕度』はPr.そのまの作詞です。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM