コロナ休業で棚卸し(笑)  コーチングがブームになる前の「コーチング」、その節にはパクらせていただきました

  • 2020.03.18 Wednesday
  • 10:18

JUGEMテーマ:キャリア

JUGEMテーマ:スキルアップ

 

 

本棚の整理をしていたら、なつかしい図書を見つけました。

コーチング ―人を育てる心理学 

 

コーチングが流行る前には、コーチングといえば、武田先生のコーチングと思っていました。同著は、スポーツにおけるコーチングのメカニズムを分析、解説した内容ですが、独立した頃には、部下指導をテーマとするセミナーで度々、パクらせていただきました(笑)

 

なお、コピーライターだった頃は「パクる」のがすごく嫌で、書けなくて書けなくて、苦しみました。そんな時、サザンの桑田さんが「音楽なんて、みんなパクリ」「どうせパクるなら、カッコよくパクろうぜ」と書いているのを見て、はっとしました。

 

ただの歌詩じゃねえか、こんなもん (新潮文庫)

 

パクリとコピーは違う! 音楽だけではなくて、ノーベル賞クラスは別かもしれないけど、科学ですら全くのゼロからの発見は少なくて、パクりながら進化してきました。

 

コピーはダメだけど、カッコよくパクって、オリジナルをヴァージョンアップして展開したり、オリジナルを超えればいいわけです! コピーライターを辞めた後は講師業も同じと思って、コピーではなくパクリに努めてきました。

 

スポーツ界のトレーニング法ですが、組織や職場に展開できます。絶版で中古しかありません。図書館でも探してみてね!

 

コーチング―人を育てる心理学

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    Pr.sonoma (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/29)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/24)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/17)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/16)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/16)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

LOVE SONG
LOVE SONG (JUGEMレビュー »)
後藤叶圭,後藤叶圭/柳沢和夫,柳沢和夫
山下達郎のバックボーカリストとして知られる友人、後藤叶圭さんの二作目のアルバムです。8曲目『さよなら仕度』はPr.そのまの作詞です。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM