歌ごころ vol.9 夢少女

  • 2009.10.30 Friday
  • 15:13
JUGEMテーマ:本田美奈子.

夢少女

歌 本田美奈子. (当時 工藤美奈子)
曲 安 格斬
詞 悠木そのま(当時 深田尚美)

[1984年作/第8回 長崎歌謡祭グランプリ受賞曲 2009年加筆] 

海風 そよそよ。。

愛しいその胸に
a dreaming doll 頬うずめて 指を重ねれば
月の影はおぼろ 夢のように さそうの

a dreaming doll 恋の夜に すべてあずけたら

花びら 散る散る。。

愛しいその胸に
a dreaming doll ほろほろりと ため息 ひとつずつ
恋ごころを染める ささやきがほしいの

つよく 抱きしめて Ah シルクの夜


海風 そよそよ。。。

愛しいその胸に
a dreaming doll ゆらゆらりと いつか はぐれそう
しからないで 涙 幸せがこわいの

なぜか はじめから なつかしい人


【MEMORY】

「この曲に詞をつけて」と、ディレクターから渡されたカラオケ
かわいらしい少女の写真が一緒でした

その少女こそ工藤美奈子ちゃん。後の本田美奈子.さんです

幼い面立ちの16歳の少女に演歌を歌わせるの?
…と、違和感を感じながら、詞をつけたのを覚えています

デヴュー当時は、演歌歌手をめざしていたというエピソードは
ずっと後になって、知りました

ともあれ、かわいい演歌を書こうと試みたつもりですが
25年ぶりにデモテープを聞き返してみたら、彼女らしさはもとより
作家としての私らしさが殺されているのに気づきました

あどけない少女に大人の演歌を歌わせたいという
ディレクターの意図を慮りすぎていたのだと思います

そういえば、長崎歌謡祭の本番では、美奈子ちゃんが
ところどころ、歌詞を変えて歌っていました

歌詞を忘れたせい…と思っていましたが
美奈子ちゃん本人があえて、変えたのかもしれません

美奈子ちゃんが変えてくれたのかもしれない歌詞

「なぜか はじめから なつかしい人」というフレーズも取り入れ
25年ぶりに、今日、歌詞をリニューアルしてみました

ほんの少し、いくつかの言葉を変えただけですが
当時の美奈子ちゃんらしくて、私らしい楽曲に近づきました

天国の美奈子.さんのご冥福をいつもお祈りしています
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    Pr.sonoma (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/30)
  • STAP細胞疑惑、本日の記者会見! 小保方さんだけが再現できるのであれば、それは科学技術ではなくて技…。熟練した実験者から科学者へ成長するために、襟を正して、がんばれ、センス・オブ・ワンダー!
    無名 (04/29)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/24)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/17)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    Pr.そのま (09/16)
  • 歌ごころ vol.6 暗くなるまで待って
    まぁ〜ちゃん (09/16)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

LOVE SONG
LOVE SONG (JUGEMレビュー »)
後藤叶圭,後藤叶圭/柳沢和夫,柳沢和夫
山下達郎のバックボーカリストとして知られる友人、後藤叶圭さんの二作目のアルバムです。8曲目『さよなら仕度』はPr.そのまの作詞です。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM